スポンサーサイト

--.--.--.--.--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

秘宝伝 伝説への道が出る気がしない

2016.01.26.Tue.20:20
こんばんは、金澤敏明です。
秘宝伝の新基準機でもある伝説への道ですが、導入されてから1ヶ月程度が経ちました。
導入直後に乗り遅れて、手を出すタイミングを失い設定狙いをしていません。

昔から秘宝伝シリーズは、出る出ないに関わらず好きだったのですが、今回はほとんど打つことがなさそうです。
今は、エナができそうな状況の場合にのみ打っています。
ちなみに今まで3回しか触っていませんw


金澤の好きなバジリスクにも少し似たシステムで11回天井や500Gでも天井となりますし、500G天井はART確定という素晴らしいことになっているので、ゲーム数で嵌っている台は積極的に狙う価値がありそうなのですが、肝心のARTが伸びません。

純増1.6枚~2枚とホールで人気の約3枚純増に比べて出玉スピードは落ちますが、その分軽い当たりが期待できます。

1000256.jpg

3回しか打ったことがないのですが、3回とも1発でARTに突入していました。
その内2回は無限高確とラッキーな展開です。
記憶にあるのは、6スルー台が2回と7スルー台が1回だったと思います。

ラッキーにもARTに直ぐに突入するのですが、決まって50Gで終了となっています。
いろいろな上乗せ特化ゾーンが用意されているようですが、まだ一度も入ったこともありませんし、上乗せ自体が0という状況で、全く出るイメージもしない状況。

大好きだった鬼武者の新台も同じような展開ばかりで、エナ狙いすらもちょっとボーダーを高めに設定するようになっている状況です。

まだ秘宝伝の楽しさが分からない状況で1度ある程度の出玉感を味わえれば印象も大きく変わると思うのですが、キッカケを得られるまで金澤敏明がエナ台にたどり着けるかが問題になりそうです。
早くプラミッドを動かしてみたい気もしますw

しかし訪れるホールで確認できる限りでは、BIGボーナスが当たっている履歴は見たことがないので、金澤敏明が行くホールでは設定狙いにはあまり向かない機種なのかもしれません。

設定5でもかなり割が高いので高設定を使っていてくれればアツイ機種なんですけどね…
関連記事
コメント

管理者のみに表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。