スポンサーサイト

--.--.--.--.--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スロットの師匠と会社の後輩でスロット座談会

2016.03.03.Thu.22:16
こんばんは、金澤敏明です。
仕事終わりに仲の良い会社の後輩2人と金澤スロットの先生とそのお友達の5人で食事に行ってきました。

この会を開いたキッカケは、後輩B君(以後B君)がパチスロに嵌ってきて、どうすれば勝てるのかを知りたいとのことだったので、私の師匠である先生に声をかけてみた所、快くOKをもらえたことに始まりました。

後輩のAとは休みの日に一緒にスロットに行ったりしたこともありますが、勝てる立ち回りかというとこっちも微妙な感じです。
てか私も微妙なんですけどねw


エナと設定狙いの違い

パチスロを楽しむと勝つのは決してイコールではないということを先生は教えていました。
スロットの始めたてって自分の好きな機種ばかりを打ってしまいがちですが、勝ちにこだわるなら好きな機種を打つ機会は極端に減ってしまうということです。

B君の中では、好きな機種を打って勝ち続けるのを理想としているようでしたが、そんなことはよっぽどの優良店で客のレベルが低いという最高の条件が揃っていないければ不可能に近いことだという事を説明。

設定狙いをしたいなら優良店探しと隠れイベントをしっかりと把握する情報力を高めること。設定差のある機種情報はあたりまえですが、店の設定変更の癖もチェックする。

これって優良店探しは一番と言っていいほど難しいことですよね!
そしてやや遠くても休みの日に抽選から参加するという社会人にはキツイ努力も最低限の必須条件になりますw


エナで勝つのであれば、優良店よりも客のレベルが低い店か、エナのライバルが少ない店舗探しが重要になります。
稼動が良すぎる店は、エナにあまり向かない傾向がありますよね。

そして、なるべく近場に数店舗が密集しているとホールの移動のロスタイムも減り美味しい台にありつく可能性が高くなります。

B君の近所に先生が昔にチェックしていた店舗があったようで、そのお店の情報を教えてもらっていました。
今までは、設定狙いしかやっていなかったようで、エナを少しでも体感するにはちょうど良いレベルの店のようです。(癖が変わってなければですが・・・)
設定変更の癖や、リセットをかける基準になるゲーム数をレクチャーしていました。
うらやましい限りですw


スロットって勝てるのか?

スロットは、ギャンブルではない!
これってプロになればこの考えに行き着く人が多いはずです。

あまりパチンコやスロットを知らない人はギャンブルだと言いますが、しっかりと覚えると、ギャンブルと呼ぶには相応しくないという考えになっていきませんか?

勝てるだけの台情報とお店のイベントや情報をしっかりと把握していれば、1日や1週間単位では負けることはあっても、月単位や年単位という長いスパンで見れば、決して負けることはないと思います。

しっかりとラインをブレずに守り通せる精神力と下ブレによるマイナス収支をガマンできる蓄えがあれば年間プラス収支は難しいことではないと思います。

スロット人口の全員が同じ知識で、同じ行動をしたら絶対無理ですが、知識なしで遊んで打っている人達が居る限り勝ち続けることはできます。
しかし、勝ち額がどの程度になるかはわかりませんけどね。
暮らせるほど勝てる人もいれば、月平均にしたら数万円のおこずかい程度の人もいると思います。

金澤やA君、B君のように仕事をしている人は、稼働時間も限られますし多くを望めないと思います。
B君はスロット雑誌で勉強していたようですが、あれは演出など楽しみ方を覚える本で、設定差やエナ情報はネットで分かりやすくまとめられたサイトで覚えれば十分だと教えてもらっておすすめのブログを紹介されていました。
金澤も便乗してブックマークさせてもらいましたw


最後にLINEの交換をして、今後5人でイベントに参加することを約束をしてこの会はおひらきになりました。
先生のお友達も気さくな方で、非常に知識豊富でここには書かなかったためになる話をしてくれていました。

いつ打ちに行くかはまだ決まっていませんが、実戦してきたらブログで実戦報告しますね!
関連記事
コメント

管理者のみに表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。